柏市での家族葬で振る舞われる料理について

柏市をはじめとする首都圏では特に家族葬が盛んです。これは参列者の人数をできるだけ多く集めて盛大に行う一般葬とは違い、家族や親戚を中心に、あとは亡くなった人と生前にごく親しかった友達や同窓生などだけを招いて行う葬儀のありかたです。少人数とはいっても、やはり通夜や告別式はひととおり行われ、通夜の後には料理が出されることもあります。これは通夜振る舞いとよばれる風習で、全国的にもそれほどマイナーなものではありません。実際にどのような料理が出されるのかについては、喪主の考え方しだいのところがありますが、ある程度のパターンは決まっています。こうした葬儀において喪主の立場になった場合は、そのパターンをある程度は踏襲しつつ、どのような選択をすべきかを決めると良いです。

形式はある程度決まっていることがある

柏市における家族葬で通夜振る舞いとして出される料理は、一般には割烹や弁当店などからの仕出しやケータリングを用います。すでに法事用のメニューなどとして店舗で用意されていることが大半ですので、あとは予算との兼ね合いでグレードだけを決める程度でもかまいません。内容的にはせっかく会葬に来てくれた人たちへの感謝も込めて、旬の素材を使った天ぷらや刺し身、煮物などになります。汁物があらかじめ付いていればなお食べやすくなるはずです。導師としての僧侶が参席するかどうかは相手の都合によりけりですが、一応は案内はしておくのが適当です。その場合に精進料理にこだわることもありますので、注文の際は肉類や魚類が入るメニューになるかどうかも事前にチェックしておくと間違いがありません。

少人数のために臨機の取り計らいもできる

柏市での葬儀のなかでの通夜振る舞いには、おおむね以上のとおりのパターンが見られますが、家族葬の場合、少人数で気心が知れた人たちだけが参列するという特徴があります。そのため定型的なパターンにこだわらずに料理を提供する方法もないわけではありません。たとえば会葬後に予約ができるレストランや個室がある食堂などに場所を移して、そこで亡くなった人の思い出話をしつつ食事会を開いたり、あるいは逆に弁当だけを持たせて帰宅してもらう簡素な形式も考えられます。また葬儀のようにあわただしい機会は避けて、後日落ち着いた段階で、喪主が食事会のようなものを開催することもあり得ます。こうした対応は世間体やしきたりを気にしなければならない一般葬ではできないこともあり、少人数の葬儀ならではといえます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加