家族葬をするときの事前準備~柏市の場合~

柏市は千葉県北部でも有数の商業都市のため、家族が亡くなってしまったときの葬儀を営むにあたっても、地域にある葬儀社だけで十分に対応は可能です。ただし最近になって行われるようになった家族葬のスタイルを選択する場合には、一般葬とはまた違った事前の準備を入念に進める必要があります。この場合も依頼をした葬儀社のスタッフに相談すれば、具体的な葬儀の流れやどのような準備をすればよいのかなどの事項には丁寧に回答してくれるはずですが、遺族のほうでもひととおりの理解があったほうが望ましいのは当然です。特に従来のような大規模な葬儀とは違って、参列を呼び掛ける範囲を決めたり、逆に参列を遠慮してもらう人へのケアを行うなどの微妙な問題も含まれることは認識しておく必要があります。

プランや参列者の範囲を最初に決めておく

柏市内で葬儀をする場合、まずは近くの葬儀社に見積もりを依頼し、納得できれば正式に依頼するところからはじまります。この場合は葬儀社のスタッフに自宅に駆けつけてもらうことになりますが、スタッフを交えた打ち合わせのなかで、いくつかの家族葬のプランからふさわしいものを選択します。プランは予算の金額や参列する人数の見込みとも密接に関わります。参列者の範囲をどこまでにするのか、具体的に亡くなった人の親戚や友人などの名前をピックアップして通知をするのもたいせつな準備のひとつです。少人数での葬儀の場合、この参列者の人選によって当日の雰囲気も大きく変わることが予想されます。特に葬儀の趣旨として落ち着いて亡くなった人を偲ぶ場にしたいのであれば、なおさらこのプロセスは重要です。

葬儀に呼ばない人に対するケアも必要

少人数だけでの家族葬をするにあたっては、亡くなった人と生前に関わりのあった人たちのなかでも、必然的に葬儀に呼ぶ人と呼ばない人の両方のグループが生じてしまいます。柏市内ではまだ従来の伝統にしたがった一般葬のほうが中心ですので、場合によっては葬儀に呼ばれなかった人たちが参列できないことに不満をもつ可能性もあります。そこで一般葬ならば参列する可能性があった人たちに向けて、少人数で行う葬儀の趣旨を丁寧に伝え、当日の参列を遠慮してもらうための文書を作成の上で、亡くなった人の勤務先の職場などを通じて周知しておくことも必要になります。こうした呼ばれなかった人へのケアは一般葬ではあまり考える必要がないものですが、葬儀の形態によっては事前準備として必要になるということを覚えておくことも大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加