柏市でも葬儀の主流となってきた家族葬

柏市をはじめ首都圏では家族葬で葬儀を行う人がここ数年でさらに増えた感があり、今や葬儀の主流の形式となりつつあります。首都圏有数のベッドタウンである柏市一帯は主要な駅の周辺はもちろん郊外にもマンションが増え、自宅で行われる葬儀はほとんど見られなくなりました。隣近所の助けを借りず葬儀社の手配で斎場で行うことによって、家族や親戚のみで行うほうが自然な流れになったことと、高齢化が進んで定年後何十年も経ってから亡くなる人が増えたことで、会社関係の会葬者を気にする必要がなくなったことも大きな要因となっています。それによって夕方からのお通夜の必要性も減って告別式のみの一日葬による家族葬も実現しやすくなっています。多様な選択肢の中からライフスタイルに合った式典形式が選べるのも魅力の一つです。

家族と親戚のみで静かに故人を送る葬儀

家族葬の魅力は何と言っても、一般的な葬儀の場合に数多く訪れる会葬者への挨拶や近隣住民への気遣いなどに気を取られることなく、家族と親戚、故人のごく親しい友人のみの静かな雰囲気の中、故人との別れのひとときをゆっくり持つことができる点にあります。高齢になってから亡くなる人が増えたことで会社関係の会葬者がなく葬儀の規模そのものも縮小できるぶん、従来の形式で行うよりも費用がかなり抑えられることも、家族のみの葬儀への関心を高めた要因となっています。身内の意向のみを反映させやすい式典にできる自由度の高さも、選択しやすさを高めています。葬儀社や斎場が多い柏市では、各社が設定する多様なプランの中から最も希望に合う形式を選べるようになっている点も、他の地域に先駆けて新たな葬儀スタイルが定着しやすくなったと考えられます。

納得のいく葬儀のために行っておきたい準備

一昔前は生前に葬儀の準備を考えるなど縁起でもないといった考え方があり、特に家族に入院中の人が居る状態ではあえてそういった話題を避ける雰囲気もありました。終活ブームの到来で現在ではむしろ細かな点まで考慮して準備しておいたほうが良いといった風潮が強まり、葬儀社のホール見学会に参加して気に入ったら事前予約をしておくという人も目立つようになりました。病院で亡くなって遺体搬送を急がされ、病院から勧められた業者とプラン内容を把握し切れないまま契約して思わぬ高額になるケースもあると言われます。故人との別れの悲しみが癒えたのち、長く思い出に残る良い式典にするためにも、事前にプラン等をしっかり検討して可能であれば葬儀社や斎場も決めておくほうが、納得のいく葬儀にできる可能性が高まります。

家族葬の相談会やセミナーも臨時で開催しております。詳細はHPをご覧下さい。生花祭壇に関しましては今までの実例の写真を分かりやすいよう掲載させて頂いておりますので是非ご参考にして下さい。 当社は自社に料理部門がある為、その季節に厳選された食材でのお料理をひとつずつお作りさせて頂いております。 当社は昭和38年9月に設立致しました。 柏市で家族葬をお考えなら安心・お得な昭和セレモニー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加